MESSAGE メッセージ クロストーク

看護師クロストーク 澁谷 綾香 前田 眞理子 桐山 奈津子 本間 恵里花

澁谷:

病院での仕事とここは全く違いますね。病院だと、医者と看護師が中心になってその人の病気を治すって言う目的に向かいますよね。
それで直ったら良かったですねで退院ってなるんですけど、福祉施設や高齢者住宅にいる方って言うのは、日々の暮らしが、いかにその人にとって心地の良いものになるのかを、助けて行く仕事になりますよね。

桐山:

病院は、自分が悪いからわざわざ行く場所ですけど、施設では生活があって、元気だからここに来ている場合もありますもんね。病気がある方も当然いますが、病院で診るのとは全く違う感じですよね。福祉の現場ですし高齢の方がいらっしゃるので、少し病気があっても上手く付き合いながら、楽しい事をしたり体調が落ち着いて過ごせるのが一番ですね。元気なのが一番良いですけど、みんながみんな、いつも元気が良いわけじゃないからその手助けをして行くのが私たちのお仕事ですね。

前田 :

病院にいるとドクターの判断に委ねる事が多いので、安心感はすごくありますよね。でも訪問看護だと、やっぱり自分たちで判断しないといけないので。そんな重圧はあれど、まあ白ゆりの場合は何人かでやっているので、数人で相談し合う事が出来るのは、働きやすい環境ではありますよね。

「看護師として病院とは全く違ったやりがいがあります」

本間 :

私も他の方より病棟経験がないので、1人で判断出来るのかなってところが正直1番不安がありますね。
まだ経験不足だという気持ちから、一度退職して、また戻って来たと言うわけなんですが(笑)
やっぱりこっちの方が働きがいがあると言うか、心身共に穏やかに働く事が出来るのと、困ったときに相談出来る環境がありますね。後、病棟にいたころよりもゆっくり勉強が出来るなと。

病棟が全て良いってわけじゃないなと思います。自分が穏やかだと、利用者さんに対しても穏やかな表情で接する事が出来ます。病院だと、看護師さん忙しそうだねって言われる事がすごくあったんですけど、そういう意味では良いのかなぁと思いますね。

澁谷:

そうですね。
私も皆さんと同じ意見なんですけども、病棟と比べると、ここは日常生活を援助するって部分が一番大きいなって事を感じています。
ヘルパーさんたちとの連携も密にとって行く事が、利用者さんの生活の向上に繋がるじゃないかなと思っています。

桐山:

デイサービスとはちょっと違う感じですね。病気にならない為にみんな来ているから、病気を持っている方は多いんですけども、元気になる為に来ているので少し違いますよね。

楽しくやってるんですけど、具合が悪くなったりする事もあります。そんな時、ヘルパーさんたちも一生懸命やっている中で、看護師と介護士のすれ違いう場合もあり、そう言った空気は利用者さんも、あらって気がつくので。
その辺の連携も取りながらやっていきたいですね。介護職員が足りない時は当然手伝うし、介護士が出来ない事は看護師がやってという動きなので、密に関わりがありますよね。

本間 :

病院ではそういう感じってないですよね。その病気の部分を、次から次に処置をしていて、この現場は、その人全体を見るって事が出来る環境だなって思ってます。

前田 :

病院だとその病気の一部の部分の関わりですもんね。

澁谷:

家と同じ生活ですもんね。ここに入っていると。

前田 :

看護師で見落とす部分もあるけど、ヘルパーさんの方でも気にかけてもらう事もあって。いろんな立場の人に診てもらうのが大事ですよね。

桐山:

いろんな気づきがありますね。こちらが思い込んでる病気との関わりで具合が悪くなるのと、そうじゃない部分もあり、フラットな部分で見たものとの連携が大事ですよね。

本間 :

白ゆりに来た時も、ヘルパーさんや皆さんとうまく関われるか最初は不安だったんですけど、皆さん優しくて、利用者さんの事しっかり見てくれていて。

聞いたら絶対優しく応えてくれていて、こちらとしてもすごく連携という部分ではやりやすいし、ありがたく感じていますね。

前田 :

そうですね。白ゆりはやっぱりヘルパーさんがメインだと思うんですよね。
医療的な部分は、私たちがリーダーを取っていかなきゃ行けませんが。

その上で関わりとして、きつく言ったりするとヘルパーさんにもシャットアウトされちゃいますしね。
どうしても看護師って言うときついイメージがあって(笑)。 
お互いに、とくに私たちが思いやりを持ってやらないといけないですね。

澁谷:

病棟で働いてる時の自分の性格のきつさと比べると、ヘルパーさんがすごくやわらかいから、自分もやわらかくなっているんじゃないかなぁなんて(笑)。 おもてなしの気持ちをみなさん強く持っていますから。

桐山:

患者さんのほうからやってくると言うか、病院とはスタンスがぜんぜん違うのであったかい気持ちになりますよね。 病院は殺伐としてる事も多いから(笑)。 ここは、忙しくてもおだやかな感じですよね。働く側が仕事を楽しんでいると、関わってる利用者さんにも伝わりますよね。

本間 :

ここに入ってから、職員の皆さんや利用者さんとも仲良くなって。家族みたいな感じになって、ほっとして楽しいの気持ちが日に日に増していきますね。

前田 :

私のモットーは楽しく仕事をするなので同じ事をやるにも自分の気持ち次第なのかなと思っています。
そうするとみんなも気持ち良く働けるかなって。
笑顔が溢れる、そんな看護をしていきたいですよね。

桐山:

デイサービスでは、今日が最高の一日を目指しています。今日が一番良い日だったって。
もう次の日は来ないかもしれないってくらいその日、1日1日を大事にしてます。
前向きに過ごすってことを目指してやってます。

澁谷:

利用者さんが笑顔で帰っていかれたら、自分自身も達成感がありますもんね。

前田 :

私たちもね、楽しんですごしてもらう為には体調管理とモチベーションの持続が必要ですもんね。
大変だけど、やりがいがありますよね。

本間 :

社長の言葉じゃないですが、みんながケアマネージャーになるって。ケアマネージャさんは、他職種との連携やご家族、病院へ連携などを取っていて、そういうのも含めて、この先勉強が必要になってくるんだなあと。勉強の日々ですがやりがいもありますよね。

前田 :

今本当に高齢化の時代なので、看護師が病棟で働くのが当たり前だった時代ではないですよね
これからの高齢者を支えるのはこういった福祉現場がメインになって来ると思います。

桐山:

在宅で過ごす高齢者が増えていくわけですよね。そしたら仕事は日常生活の手助けなんだけれども、家族に近い存在でありたいですね。日々勉強ですが、この歳になってこんな楽しく勉強出来ると思わなかったです。

澁谷:

こちらが笑顔になったら、利用者さんも笑顔になってくれることを忘れずに過ごしたいですね。
そういった関わりを、白ゆり全体でしていきたいです。

pageTop
スマートフォンサイトへ