【札幌/函館/介護】医療と介護の融合を実現する白ゆりグループ「メディカルシャトー」公式採用(求人)サイト

クラブ活動支援

ゆりでは、事業所や部署の壁を越えて、社員やパートの皆さんとの交流を深め、スタッフみんなにワークライフバランスに富んだ日々を送ってもらえるよう、クラブ活動支援を福利厚生として行っています。さまざまなクラブ活動があり、多くのスタッフが仲間との絆を深め、課外活動としてエンジョイしてくれています。

白ゆりバレーボールクラブ(札幌地区)

ミニバレーを通じて、地域交流と職員のストレス解消に!

平成28年1月1日、ライフプレステージ白ゆり新さっぽろ職員が中心となって、「白ゆりバレーボールクラブ」(通称:SVC)が発足いたしました。
札幌市厚別区ある「小野幌小学校」の体育館自主解放枠に団体登録するため、厚別東体育振興会にも加入しております。
毎月3回ほど、月曜日の夜間に体育館全面を使ってのミニバレーの練習、地域の大会への出場、白ゆりグループ内での大会や懇親会の企画・運営が主な活動内容です。
チームの方針は、ストレスや運動不足の解消はもちろん、他事業所職員・地域住民との交流を大切にし、メンバーの社会性が豊かになってくれたら、という想いを込めて設立しました。
年3回を予定している「白ゆり杯ミニバレー大会」は、会員以外の職員も参加し、前回は7チームで優勝トロフィーを目指して熱き戦いが繰り広げられ、見事優勝したデイサービスチームは大会後、さらにチームワークが固まったそうです(笑)
今後も「仲間と楽しく!」をモットーに、活動を続けていきたいと思います。

クラブ名未定(函館地区)

白ゆり富岡・美原・北斗・乃木にて、定期的にスポーツを通してスタッフ間の交流を図っています。函館地区では、市内の介護保険業者が集まる“介護カップ”というスポーツ大会が定期的に開催されており、白ゆりグループとして当クラブが参加しています。介護カップに向けての練習も兼ねて屋外・屋内で身体を動かし、楽しみながらスタッフ間の絆を深めています。運動が得意な方もいれば、苦手な方もおり、苦手な方も応援での参加で、みんなが楽しめる雰囲気になっています。
また、介護カップ出場の際には、様々な介護保険の事業所との交流も図り、市内の事業所との情報交換や横の繋がりを深める場ともなっています。
介護カップの白ゆりチームの結果は今一つ!?(笑)かもしれませんが、「結果より過程が大事」を合言葉に楽しく参加していきます。業務外の時間でもスポーツを通し、白ゆりメンバー同士の絆を深めています。

いか踊りクラブ(函館地区)

Coming soon...

TOP
スマートフォンサイトへ