【札幌/函館/介護】医療と介護の融合を実現する白ゆりグループ「メディカルシャトー」公式採用(求人)サイト

ドラゴン白ゆり塾

「ドラゴン白ゆりに参加してからの奇跡!!」

ショートステイ白ゆり新さっぽろ介護職員 佐々木 千桂

最初はケアマネを受験するつもりが無かったのですが、介護の仕事をしている友人が「今年ケアマネを受験する事にした!」と報告を受け、よし!私も挑戦してみよう!と思った事が始まりでした。

 

申し込みをしてからがあっという間で、当時はグループホームに勤務しながら自宅や図書館で勉強をしていました。これでいいのかなぁと言う不安もあり、テキストや模擬試験を解いたりするのを3時間程していました。
ある日、「ドラゴン白ゆり」が、とても勉強になると噂を聞き、1回目は勤務だったので2回目から参加する事になりました。

 

凄く緊張しながらミニテストを解いたり、池見塾長の講義を聞いて、自分の勉強時間を話した時に「それじゃダメ、全然足りない」と言われた時にドキッとしました。

 

自分に甘かった事と、もっと勉強をしないとケアマネは合格できないという現実を知りました。ドラゴン白ゆりの参加を終えた後、必死で重要な項目をライン引きした事を覚えています。池見塾長には丁寧にかつ暗記するポイントも教えて頂き、勉強方法も以前と変わりました。好きな事を我慢して、追い込んだ一か月半。何度も何度も繰り返し模擬問題集を解いて、自分の間違えやすい所をチェックしながら、勉強を続けました。

 

そして、一生懸命頑張ったおかげでケアマネに一発合格する事ができました。

 

まさか、自分が合格できるとは夢にも思わなかったのは言うまでもありません。あの時、ドラゴン白ゆりに参加していなかったら、ケアマネの一発合格はできなかったと思います!

ドラゴン白ゆり塾ページへ戻る

TOP
スマートフォンサイトへ